〒030-0918 青森市けやき1-15-5  017-726-2222 定休日:月・火曜日


by aiueonoki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

津波の怖さ、知っていますか。

紙芝居実演会
田畑ヨシさんによる 「命てんでんこ」

8月9日(火)  午後3時から3時30分
青森県立近代文学館ロビー


岩手県宮古市田老地区で、約30年にわたり、
津波の恐ろしさを語ってきた田中ヨシさん。
東日本大震災でも多くの命を救った「命てんでんこ」とは どんなことなのか、
 みんなで紙芝居の実演会に出かけましよう。
[PR]
by aiueonoki | 2011-07-31 21:55
f0226596_21205335.jpg

とても暑い日でしたが、たくさんのお友達です。 絵本の会はひまさんとにゃんこ3が担当でした。

この本読んでのリクエスト、今回は「ねこのかぞえうた」をリクエストしてくれたお友達がきていました!でもはずかしがり屋さんで、ペンネームを使っていたんですって!!  えっ^^かわいいですね。 またリクエストまってますよ~ 
そのほか、「おばあちゃんのはな」 「げつようびはなにたべる?』大型絵本で、「まてまてー」の読み聞かせです。 そしてテーマ展示のブックトークは ドイツでした。
8月のおはなし会はおやすみです。  また9月に、げんきなたくさんのお友達と会えるのを楽しみにしています~。
[PR]
by aiueonoki | 2011-07-31 21:42
前日までの雨も上がり、暑さも和らいで おはなし会日和~
マロニエ公園に心地よい風が吹いています。
f0226596_1343085.jpg


近所の子どもたちが集まってきましたよ。
f0226596_13444837.jpg


今年のテーマは 「ピーターラビットのやさいばたけから」
まずは 英語と日本語で 「ピーターラビットのおはなし」の読み聞かせ
f0226596_13473653.jpg

f0226596_13484081.jpg


世界中で愛されているピーターラビット
今年は日本で出版されて40周年。

でも以外にお話はよんだことがない・・・というお友達も多いようです。
夏休みはぜひ全24冊に挑戦してほしいなあ^^






さあ 絵本の会の仲間が、ピーターの仲間を紹介します。
偶然にもみんなキャラクターがピッタリ! なりきり自己紹介に 子どもたちも大喜び~
f0226596_13561974.jpg


*ちょっとティ―タイム*
ピーターのお母さんが作る カミツレのお茶体験。
一口めは・・・・・ちょっと顔をゆがめていた子もいましたが、ミントとはちみつ入りなので元気になるよ^^
冷たいお茶で熱中症予防対策です。

続いては、ピーターの大好きなやさいです。
野菜の絵本がいっぱい。f0226596_1641923.jpg

読み聞かせ
「やさい」 平山和子 福音館書店

「トマトさん」 田中清代 福音館書店

「にんじんのたね」 ルース・クライス 文 クロケット・ジョンソン 絵 こぐま社

種まいたよ~~にんじんの葉っぱはどれかな?   
f0226596_1648633.jpg
元気に育ったのは、
はまなす町会ひまわり文庫からの
おみやげ バジルの鉢植えです!!


最後は 「ぐんぐんぐん みどりのうた」 (デービット・マレット文 オラ・アイタン
岩波書店)を歌いながらの紹介でした。

♪  ぱっぱっぱっ たねまいて 
    ゆめを あたためよう
おひさまと あめが てつだって くれる♪  




 
[PR]
by aiueonoki | 2011-07-21 16:56

ほたるぶくろ

暑い日になりそうです~  庭の水撒きも朝の一仕事。
f0226596_1043676.jpg

紙風船のつぼみが開くと、折り紙細工のような花が・・・・
ほたるぶくろという花の名前を教えてくれたのは、この絵本でした。
f0226596_1065443.jpg

f0226596_10302836.jpg[14ひきのあさごはん」 童心社 ¥1260

おじいさんおばあさん おとうさんおかあさん そして10ぴきの子どもたち。
里山の自然の中で生きる知恵や楽しさ、家族の役割と思い。
久しぶりに開いたら、しあわせな気持ちになりました。
12冊のシリーズがあり、それぞれの季節が楽しめます。
f0226596_103127100.jpg

[PR]
by aiueonoki | 2011-07-12 10:32
* ピーターの庭しごと 

 おいしそうな柔らかなベビーリーフ  ところが、ミニ大根だけ 虫に食べられてしまいました!! 
無農薬栽培です!
f0226596_11235180.jpg


*「ピーターラビットを読む」
まずは「ティギ―おばさんのおはなし」のつづき・・・
原書からみると、翻訳ではわからなかったけれど、実際の村名や農場の名前などが記されていたそうです。
また、国際比較家政婦学から イギリスのメイドの格付けでみると・・・・ と、ぺこぺこさんがいろんな角度からレポートをしてくれました~  奥深い^^
f0226596_11333928.jpg


そして、「パイがふたつあったおはなし」
f0226596_11405395.jpg

原題は 「THE TALE OF THE PIE AND THE PATTY-PAN」  読んでいくと、その意味がわかります。  でてくるのは ねずみのパイと小牛とハムのパイ、 それにマフィンも。

犬のダッチェスが、猫のリビーさんに アフタヌーンティーのおさそいの手紙をもらいます。
4時15分きっちりにうかがいます。 ・・・  さて、ダッチェスがごちそうになったのはどっちのパイ?
二人の気取った会話のやりとりに、思わずみんな噴き出してしまいました!

このおはなしは、イギリスの文化がとてもよくわかります。  
お茶に招く側の準備や心遣いも リビーが教えてくれます。  お部屋をそうじし、テーブルクロスもお茶の道具もととのえて 、またすてきなドレスに着替えて・・・  
招かれる方のダッチェスも 毛にブラシをかけ、花束をかかえて、時間をしっかりまもって・・・。  
それなのに結末は・・・・ユーモラスで、大人の方がおもしろさがわかるかもしれませんね。

f0226596_1215736.jpg

ビアトリクス・ポタ―の年譜から見ると、婚約者のノーマンさんが亡くなり、とても過酷な時期でありながら、一緒に手がけた作品を完成させています。 そして舞台は今もそのままに保存されている 湖水地方のニア・ソーリー村の風景や郵便局、コテージがそのままにスケッチされているのがわかります。 A子さんのレポートでした。


*「風のはこんだおはなし会」
今年のテーマは「ピーターラビットのやさいばたけから」
私たちが読みすすむ ピーターのおはなしの世界を、子どもたちにもぜひ楽しんでもらいたい。 読んでもらいたい。
  さあ~  いろいろなアイディアがでてきましたよ~~  おたのしみに。

     7月16日 (土)   10:30~11:30
   
     青森市小柳 マロニエ公園  (なかた小児科駐車場うら)
      
     参加費は無料  直接会場へお越しください。
       おみやげもありますよ~  おまちしています。  

[PR]
by aiueonoki | 2011-07-10 12:28
今年もこの季節になりました!

f0226596_20442973.jpg

今年は ピーターラビットとなかまたちがまってますよ~

7月16日(土) 10:30~11:30

小柳マロニエ公園 (なかた小児科駐車場うら)

参加費は無料です。  ぜひご家族で!

[PR]
by aiueonoki | 2011-07-07 20:45
季節も夏に。

とりあえず 6月の報告。
[PR]
by aiueonoki | 2011-07-07 15:53
f0226596_1542476.jpg

この本読んでのリクエスト 今月はこんなにたくさん! ありがとう。
このなかから・・・ 「はりねずみのクルリン」 大型絵本で「すてきな3にんぐみ」 「やまださんちのてんきよほう」を読みました。
 テーマ展示からのブックトークは「どうぶつとかんきょう」  きょうりゅうのはなしから・・どうしていなくなったのかな?  環境問題を考える。   「ちきゅうのためにできる10このこと」 さあみんなではじめよう!!
f0226596_15475824.jpg

最後は、一緒に来てくれたおとうさんのために。 「おとうさんがおとうさんになったひ」でした。
[PR]
by aiueonoki | 2011-07-07 15:50
アイウエオの木から車で25分。 縄文の森から続く緑の中に、真っ白な建物 青森県立美術館があります。
今回はこのフリースペースで移動例会です。

車から降りると カッコウ~カッコウ~~♪ とすぐ近くから聞こえてきました。 わたげたんぽぽのプロムナード・・・ これだけでウキウキしてきました。

f0226596_1445792.jpg6月の「ピーターラビットを読む」は、
はりねずみの「ティギ―おばさんのおはなし」
村の女の子ルーシーがなくしたハンキチとエピロンをさがしながらたどりついたところは・・うでききのせんたくやティギ―おばさんの家です。 ここにはいろいろなせんたくものが・・なんとピーターのあの上着も、玉ねぎのにおいのしみついた赤いハンケチも・・・
そして、洗濯用のせっけんは「ジンジャーとピクルズや」でかっていたこと・・・など読み進んでくるとつながりがみえてきますね。

さて、ピーターの庭しごとは?
f0226596_14581998.jpg

ベビーリーフとミニ大根、ミニにんじんはいちばん最後にようやく芽がでてきました。
みんなでサラダパーティーができるかしら~^^

f0226596_1504813.jpg

また、震災の被災地に絵本の会として支援することを決めました。

~例会の後は、美術館のスタッフもしている温泉さんの案内で、「伊藤二子と八戸 見よ、この絵力き」と「馬場のぼるへのオマージュ ネコばばと仲間たち」 などを見て回りました。
二子さんのあふれる色彩のこだまに感動し、長さんや多田さん やなせたかしさんの馬場さんにおもわずにっこり。 美術館は楽しいわね~のみんなの声。

帰り道は縄文の森を散歩・・・縄文アイス(栗のソフトクリーム)のおいしかったこと! おすすめです^^
[PR]
by aiueonoki | 2011-07-07 15:31